ザブングル ウォーカーマシン 一覧

発行者: 18.08.2021

ブルーストーン採掘のためにだけ開発されているため固定武装は無い。コトセット曰く「大昔のウォーカーマシン」で、現存しているものは少ない。オットリッチタイプの先祖的なメカと考えられ、機体中央のターレットに機体の3 - 4倍の長さの2本のマニピュレーターを持つ。コクピットもオットリッチと同じくアームに保持されるタイプのものが中央ターレットにマウントされている。マニピュレーター先端の作業ハンドはドリルにも換装可能である。また機体正面に口のような鉱石粉砕用の破砕器を持っている。機体底面に4基、背面に2基のホバーノズルを装備し機動性は見た目よりはよい。非常に曲面を多用した外観は作業機械然とした他のウォーカーマシンとは異なっている。. 両サイドに出入り口があるだけでなくコクピット上部にもハッチがある、ただしあまり使用されなかった。 キャノピーにはワイパーがありオープニングでこれを使用してる場面がある。 ギャリー・ウィル 全高

HI-METAL Rウォーカーギャリアの驚きはプロポーションだけにとどまらない。全高約ミリという大型サイズを活かして、引き出しヒンジを内蔵することにより、全身の関節が限界まで動かせる。例えば首は左右だけでなく上下に動く。左右の可動範囲も顔を90度横に向けるほど広い。肩は前方に向けられ、ヒジも2重関節で深く折れ曲がる。変形の都合もなんのその、腰も前後左右に動かせる。下半身も膝が2軸で動き、アーマーが連動。大腿部には90度の横ロールがあり、足の付け根も左右に開く。つま先にもロール回転があり、足首は前後に、つま先は左右が独立して上下に動かせる。 「こんなに動いていいのか?」と自問してしまいそうなほど、広い範囲を備えているのだ。ここまで動くウォーカーギャリアは史上初と言えるだろう。.

デザインした大河原邦男氏によるとSFを想定したデザインであったこと、車変形のものを考えていたら当時もうあったので(銀河旋風ブライガー等)二台に分けてみたとのこと、一週間程で仕上げられたなどなど・・・ 監督の富野由悠季由悠季氏からは顔・全体のプロポーション調整等の修正を依頼されただけであの浮いたデザインが完成に至ります。 ちなみにコクピット. ウォーカーマシンが登場する舞台は「年代不詳のはるか未来の地球( 惑星ゾラ )」であり、その作品世界における支配階級であるイノセントから大衆層であるシビリアンに供与・売却される二足歩行型作業機械がウォーカーマシンである。. 手持ちの武器としてライフルを装備。ウォーカーギャリアが使用する銃も同じタイプである。 胸の固定武装、 最初に乗り込んだジロンは軽くマニュアルを読んだだけで操縦し、そのエンジン音から16気筒であることを指摘している。 同時に乗り込んだラグはギャリアのパワーに驚くコメントをしている。.

コックピットのキャノピーを開くと中には座席が造形され、ティンプのフィギュアが乗る。 また、ティンプの立ち姿のフィギュアも付属する。.

[33] [34]. 4 4 .

ブラッカリィ Brockary タイプは、ザブングルタイプとほぼ同じ顔を持った、飛行可能な大型ウォーカーマシンである。色はギア・ギアを若干濃くした色で、単一ではなく塗り分けられている。. 全高はザブングルタイプの約三分の一であり、小型三種のうちで最も小さい 設定は7. 両サイドに出入り口があるだけでなくコクピット上部にもハッチがある、ただしあまり使用されなかった。 キャノピーにはワイパーがありオープニングでこれを使用してる場面がある。 ギャリー・ウィル 全高

開放感のあるコクピットは上部以外ガラスで視界は非常に良い・・・ただし上部が雨ざらしでホロ等を装着できるようになっている。 機体が転倒した場合など乗員が投げ出されてしまいそうで怖いです・・・。. 他に大きな特徴としては背面部の大きなホバーローターです。後にドランタイプやブラッカリィなどでウォーカーマシンの動力として登場してきますがギャリアはその先駆けとして登場します。 これによって短時間の飛行が可能になりジロンの操縦技術とアイマって大きな戦果を上げることにな ります。. ギャロップ 百科事典.

手持ちの武器としてライフルを装備。ウォーカーギャリアが使用する銃も同じタイプである。 胸の固定武装、 主にジロンが搭乗するウォーカー・ギャリアの頭部と腕部になるホバーマシン。二人乗りで完全に飛行した状態で移動。 視界もザブングルに比べ圧倒的に良い。コクピット奥にベッドもありコクピット右部に

暴走のフェーリ. WMWM [38] [39] [40]. DX DX [44] [45] LAND SHIP.

スペック上はドランよりも一回り大型のつくりで、WMには珍しく大型のカノン砲を装備している。形状はダッガータイプとの構造の類似性が見られるが、飛行シルエットはWMというよりも オーラバトラー に近い。設定においてはドランの前段階の試作機とされるが、後継機として開発されたという説もある [38] 。実際に作られたのかは不明であり、生産されなかったとする説 [39] もあるが、本機が登場する外伝漫画も存在する [40] 。. ガラバゴスタイプ同様、富野由悠季監督のラフ原案をチーフ作画監督の湖川友謙氏がデザイン、クリーンアップして完成。ほぼ富野監督原案どおりデザインがなされている。ただ原案はもっと曲線がうなるワイルドな印象だったのに完成形はコジンマリまとまってる感じ。 富野監督のラフ原案を元にゲストメカデザインの出渕裕氏のよりミリタリー色の強いデザインもスケッチが描かれています、こちらはかなり戦車っぽいです。.

原案ラフ・デザインはゲストメカデザインの出渕裕氏が旅行中の飛行機機内でラフを描いたのが始まり。特に発注があったわけではなかったが富野由悠季監督が気に入り採用となった。当初は野盗風ブレーカー集団の馬のようなものと考えていたそう。 原案では脚部がカプリコタイプようなスマートなものだったがギャロップタイプのような無骨なものにと監督から修正が入り完成に至る。. ザブングル 百科事典.

出渕裕によるデザインで、「ドランの発展型で重武装の物を」と依頼された。ラフデザインは富野由悠季によるが未公開。本機が使用されなかった理由に関して、出渕は次の様に語っている。「どうして、VLKRが登場しなかったかというと、単純に制作上の問題です。バンクシステムを取らざるを得なかったので、新しく出せなかったわけです。でも、富野さんには気に入っていただきました」 [41] 。.

上半身を構成するマシン。飛行型から走行型への変形は、ウイング部を前方へ閉じ、車輪ユニットを90度折りたたむことで可能に。 パーツの着脱無しでも変形可能だが、変形後の腕のスペースを隠すパーツや、ブングル・スキッパーの後部ノズルを再現したパーツもオプションとして用意されている。.

スペック上はドランよりも一回り大型のつくりで、WMには珍しく大型のカノン砲を装備している。形状はダッガータイプとの構造の類似性が見られるが、飛行シルエットはWMというよりも オーラバトラー に近い。設定においてはドランの前段階の試作機とされるが、後継機として開発されたという説もある [38] 。実際に作られたのかは不明であり、生産されなかったとする説 [39] もあるが、本機が登場する外伝漫画も存在する [40] 。.

HI-METAL R  HI-METAL R HI-METAL R!! HI-METAL R!. VLKR [41]. [33] [34]. HI-METAL R. 3 - 4242. 8 44 1819 .

原案ラフ・デザインはゲストメカデザインの出渕裕氏が旅行中の飛行機機内でラフを描いたのが始まり。特に発注があったわけではなかったが富野由悠季監督が気に入り採用となった。当初は野盗風ブレーカー集団の馬のようなものと考えていたそう。 原案では脚部がカプリコタイプようなスマートなものだったがギャロップタイプのような無骨なものにと監督から修正が入り完成に至る。. 色はグリーンベースで主役機としては珍しいカラーリング。 26話でアイアンギアーにイノセントのガードマンが攻撃を仕掛けたことに怒ったジロンが、小規模上納ポイント(Lポイント)に乗り込んだ際に奪ったもの。 このときブルメ達によってブーメラン・イディオムも入手している。. デザインは、出渕裕による原案を富野由悠季が修正、湖川友謙が最終的にまとめている。ただし出渕自身が「湖川友謙によるデザイン」と語った事もある [18] 。. ウォーカーマシンが登場する舞台は「年代不詳のはるか未来の地球( 惑星ゾラ )」であり、その作品世界における支配階級であるイノセントから大衆層であるシビリアンに供与・売却される二足歩行型作業機械がウォーカーマシンである。.

GNU Free Documentation License Weblio GNU Free Documentation License.

また読む:

少し距離を置きたい場合

銀魂333話 伊三郎

王 ハンターハンター

アルタイ 語族

コメントを追加
質問する前に、既存のコメントを読んでください。おそらくあなたの質問に対する答えがあるでしょう!


コメントとフィードバック:
連絡先 |
資料をコピーするときは、サイトdrinkcoco21.com へのアクティブなリンクが必要です。 © drinkcoco21.com 2009-2021